企業ビル

大企業・中小企業・ベンチャー、どれを選ぶべき?


就職活動するにあたり、大きくわけて大企業・中小企業・ベンチャーなどから自分に合った会社を選ぶことになります。

今回はそれぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。自分に合っているのはどういう会社なのか、これから選択する際の参考にしてみてください。

大企業のメリット・デメリット☆彡

大企業のメリット☆

やはり一番のメリットと言えば、安定しているということです。今の時代終身雇用は崩れ去っていると言われていますが、それでもやはり一般的な企業に比べると、大企業は潰れにくいと言えるでしょう。他にも、

  • 給料が一般的な会社に比べて高い傾向がある。
  • 福利厚生が充実している。
  • 労働組合によるベアや労働環境の改善などが期待される。
  • ローンが通りやすいなど社会的信用を得られる。
  • 資格取得のサポートや研修などが充実している。
  • 転職しやすい。

などがあります。

大企業のデメリット★

大企業は全国に多くの拠点を持っていることが殆どなので、転勤のリスクがあるというデメリットがあります。転勤を命じられればよほどの理由がない限り断る権利はありません。他にも、

  • 早い出世は見込めない傾向がある。
  • 大きな結果を出してもリターンが少ない。
  • 温室育ちになりがちで、ハングリー精神に欠け、転職しても潰しが効かないことがある。

などがあります。

また自分がいなくても仕事はまわるという点で、やりがいを見いだせなくなることもあるというデメリットもありますが、個人差によるものも大きいです。

中小企業のメリット・デメリット☆彡

中小企業のメリット☆

社員が少ない分、責任ある仕事を任される可能性が高くなります。他にも、

  • 自分の出した成果が会社の利益に直結していると実感することができる。
  • 意思決定のスピードが速い。
  • 経営陣と距離が近くなるため、その関係によっては愛社精神を持ちやすくなる。

などがあります。

中小企業のデメリット★

社員が少ない分、トイレ掃除などの余計な雑務が増える可能性があります。他にも、

  • 大企業に比べて不安定。
  • ブラック企業だった場合、泣き寝入りしなくてはならないことが多い。
  • 社長の方針や裁量によって社員の生活まで左右されてしまう。
  • 有給が取りづらい、そもそもないというパターンもある。

などがあります。よくも悪くも経営陣次第になりがちです。

ベンチャーやスタートアップのメリット・デメリット☆彡

ベンチャーとスタートアップの違いについて。

ベンチャーとは通常英語で投資をする企業や人のことを指します。本来は投資を受けている会社という意味がありますが、現在では新しく立ち上げた企業のことを総じてベンチャー企業と呼ぶ傾向があります。

スタートアップとは通常英語で行動開始のとか、操業開始のという意味があります。新しいビジネスモデルを開発し、短時間で急激な利益や成長を狙う市場開拓フェーズにある企業や事業のことを言います。

ベンチャーとの違いは、イノベーション(急成長を期待できる新しいビジネスモデル)があるかどうかで分かれます。

ベンチャーやスタートアップのメリット☆

裁量が大きいので、自分自身で色々なことを決められる権利があるというメリットがあります。また年齢や経験による評価がされにくく、実力で勝負できるというのも大きなメリットです。他にも、

  • 様々な業務を経験できるため、人間としても社会人としても幅が広がる。
  • 過酷な環境に慣れるとどこでもやっていけるという自信がつく。
  • 経営陣との距離が近いので、会社経営のノウハウを身をもって知ることができる。
  • 結果がすぐに評価となるので出世しやすい。

などがあります。

ベンチャーやスタートアップのデメリット★

中小企業と同じで、やはり安定していないという点が大きなデメリットでしょう。日本で新しく起業した会社のうち95%が10年以内に潰れているため、会社として軌道に乗るのが不確実というのは小さな問題ではありません。他にも、

  • 内定をもらっても安心はできない。
  • 社長の裁量で労働環境が著しく悪くなってしまう可能性がある。
  • 狭い世界なのでセクハラやパワハラなどが起きても泣き寝入りしなくてはならないことが多い。

などがあります。

まとめ

それぞれにメリット・デメリットがあるので、一概にこれがいいと言い切ることはできません。

ただ自分で考えたり動いたりするよりも集団の中で言われたことをやる方が性に合っている、自分は保守的だという人は大企業に向いていると言えるでしょう。
また多少のリスクがあってもいいから自分のオリジナリティを大事にしたい人は中小企業やベンチャーなどに向いているのかもしれません。

働くことを通じて自分が何を一番大事にしたいのかを明確にすることによって、選ぶべき道も変わるのです。

こちらの記事もどうぞ→就職先の企業選びで失敗しないためのコツとは?