お掃除

これでスッキリ!一人暮らしの掃除術その1


一人暮らしは自由を謳歌できる反面、全てを自分でこなさなくてはならないというデメリットもあります。
自分がやらなければ部屋も汚くなっていく一方です。
今回は、これでスッキリ!一人暮らしの掃除術についてまとめてみました。

ゴミの処理のポイント☆彡

生ごみの処理について。

一人暮らしの方で多かれ少なかれ悩むのがゴミの処理ですね。
一人暮らしの部屋はたいがい狭いので、ひとたび生ごみが異臭を放つとあっという間に部屋全体がクサくなってしまいます。

生ごみの匂いの原因は水分です。かならず水分をよく切ってから袋にまとめ、蓋つきのゴミ箱に捨てるようにしましょう。袋に新聞紙を入れたり、袋を二重にしたりすることでも匂いはかなり軽減されます。

また魚の皮や骨、海老の殻など魚介類や甲殻類の生ごみは、特に匂いが強くなってしまいがちです。生ごみ処理機を購入するのも手ですが、一人暮らしではそれほど生ごみの量は出ませんし、値段や場所のことを考えると、あまり現実的ではありません。排水溝に捨てるのではなく、ビニール袋に入れて冷凍し、ゴミに出す直前に冷凍庫から出せば不快な匂いを出さなくてすむのでオススメです。

思い切って捨てる!

三角コーナーは雑菌の繁殖しやすいポイントです。ですから思い切って三角コーナーを捨てるという手段もあります。
こうすることで三角コーナーから匂いが発生することもありませんし、シンクもその分広く使うことができます。三角コーナーの代わりに新聞紙で作った簡易ゴミ箱やビニール袋に生ごみを入れれば、生ごみの水分が少なくて済みます。

そして排水溝に溜まったゴミは毎日捨てましょう。時間が経てば経つほど雑菌が増え、ヌルヌルの原因になってしまい、余計に掃除が億劫になってしまいますね。キッチンペーパーなどで小さなゴミもしっかり拭き取りましょう。

ゴキブリなど害虫対策のポイント☆彡

ゴキブリを寄せ付けない環境づくり☆

実家にいた時は、ゴキブリが出ても誰かが処理をしてくれていたかもしれませんが、一人暮らしとなれば、自分で対処・処理しなくてはなりません。そうなる前に、できれば家の中にゴキブリなどの害虫を呼び寄せない対策をしておきましょう。

ゴキブリやハエは汚いお家が大好きですから、特にキッチンや水回りを毎日清潔に保ち、ゴキブリなどを寄せ付けない環境づくりに励みましょう。

グッズを活用してみる。

どんなに気を配っていても、ゴキブリなどの害虫を完璧に家の中に侵入させないというのは無理があります。

市販されている置き型のゴキブリ駆除剤やホウ酸団子などを置き、数か月に一度は拡散型の害虫駆除剤を使用するとよいでしょう。

また窓の側に置いたり、網戸にスプレーしたりするだけで害虫を寄せ付けないなど、様々な害虫対策グッズがホームセンターなどに売っていますので、自分に合ったものを使用してみましょう。

かんたんに窓をキレイにできる掃除方法☆彡

朝日を浴びる!

一人暮らしってついつい生活がだらけてしまいがちですよね。休日になると昼過ぎまで寝てしまう…なんて人も少なくないのではないでしょうか。もちろんそれも一人暮らしの醍醐味ですが、休日に不規則な生活をしてしまうと、その分月曜日の朝が辛くなってしまうものです。

できれば休日でも午前中のうちにちゃんと起きて、朝日をしっかり浴びましょう。窓越しの朝日をしっかり浴びるためにも、窓掃除って意外と大事です。数か月に一度、できたら一か月に一度はしっかりと窓掃除をしましょう。

簡単!一人暮らしの窓掃除☆

使用するのは、いらなくなった靴下とスクイージーです。

1.片方の靴下で軽く乾拭きをし、窓の表面についた埃を大方拭います。
2.住居用洗剤を窓ガラスにスプレーし、スクイージーを上からかけます。乾拭きした靴下の反対の面でスクイージーを拭き取りながら行うとキレイにかけることができます。
3.もう片方の靴下で余った洗剤を拭き取ります。
4.靴下の反対の面でサッシを掃除します。

一人暮らしならでは!の窓掃除術。簡単にできますので、是非試してみてくださいね。

まとめ

せっかくの自分の城、できれば快適に毎日を過ごしたいですよね。
ちょっとした手間でできることなので、是非実践してみてくださいね!

こちらの記事もどうぞ→これでピカピカ!一人暮らしの掃除術その2